ごあいさつ

現在の日本では、糖尿病やその予備軍を含めると、5人に1人という割合だと言われています。
日本人の主な死因は、ガン、脳・心血管障害です。
とても多くの方が病院に通われ、手厚い医療を受けているように見えますが、そのなかには、病気を治すというより、病気を温存させ、もしくは悪化させているのではないかと疑うようなことも行われているのではないかと考えています。
清水正興は、末期糖尿病から人工透析を4年2月経て、生体腎移植の後、断糖食によってインシュリンや糖尿病に対する治療を拒否し、健康的に過ごしています。
また、ガンや高血圧、いろいろな病でお悩みの方にも、断糖食は効果的ではないかと考えています。
これから皆さんと、いろいろな体験や発見を共有して、多くの方に健康になってもらいたく、「断糖食拡め隊」を設立致しました。
講演やフェイスブックをはじめとするソーシャルメディアなどを通し 幅広く活動しておりますので、皆様 よろしくお願いします。

清水 正興(しみず まさおき)
株式会社野菊エステート 代表取締役
特定非営利活動法人野菊の会 専務理事
和歌山市在住
 
 
 
 

悩んでいること、話しませんか
特定非営利活動法人 野菊の会
「糖尿病は食事で克服を目指しましょう!」
LIVING和歌山
糖尿病体験を発信 野菊の会・清水さん
わかやま新報 Blog Archive

講演情報

透析を経た末期糖尿病患者が、糖尿病に対する治療を拒否したら、とても元気になったというお話。